NEWS

7月は外壁塗装に向いていないって本当!?

暑い夏!外壁塗装しても大丈夫??

▼真夏の外壁塗装のメリット・デメリット
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

まだ6月下旬なのに来週には梅雨が明けそうなお天気で、いよいよ猛暑がやってきそうな予感。

外に出るだけで暑いのに「こんな時期に外壁塗装をしても、問題ないのか?」気になる方もいらっしゃるのではないでしょうか。。。

結論から言うと、真夏でも問題なく外壁塗装をすることはできます!!

ただし、メリットデメリットを知っておくと、安心して工事をお願いできるのではないかと思います。

▼夏に外壁塗装をする「メリット」

①希望の時期にお願いできる可能性が高い!
夏場は春秋に比べ業者さんが確保しやすので、工事を希望の予定通り進めることが可能です。

②陽が長いので作業時間が十分確保でき、工事がスムーズに進む!

③塗料が乾くのが早いので、工期を短縮できる!
※ただし早く乾くのが良いという訳ではなく、塗料が内部まできちんと硬化していることが重要です。

▼夏に外壁塗装をする「デメリット」

①塗装工事の日程がお盆と重なると工期が長くなる

②工事の塗料の臭いが気になることもある!
※外壁塗装の塗料は、すべてが強い匂いであるというわけでなく、塗料選びに気を付けることで、塗装中の匂いによる悩みも減らすことができます。そういった対応もしてもらえるか事前に確認しておくと安心です。

▼工事前に確認しておくことは、

・換気ができるのか
・クーラーは使えるのか
・洗濯物は大丈夫かなど。

「塗装工事中の生活が心配」という方もいらっしゃるかもしれません。

その場合、業者によって対応が異なりますので、きちんと配慮し対応してくれる業者を選定することが大切です。

夏場の外壁塗装をお考えの方は、ぜひご参考にしてみてください。

#MLDK#株式会社mldk#名古屋市昭和区#昭和区花見通#リフォーム#屋根工事#外壁工事#防水工事#内装工事#外構工事#川名周辺#外壁塗装 #夏場の外壁#真夏の工事#7月の工事#7月の外壁工事

最新の施工