NEWS

湿気の多い時期におすすめの「湿気対策リフォーム」

もうすぐ6月。梅雨時期にになると、お部屋の湿気やカビに悩まされる方も多いのではないでしょうか。

湿気は住宅の寿命にも影響を与えるため、湿気対策リフォームを取り入れましょう。

 

■湿気対策を叶えるリフォームのポイント

 

・防カビ機能を重視した浴室へ

湿度が高い浴室には、カビが繁殖しやすい条件が揃っています。従来のタイル貼りの湿式のお風呂の場合シロアリ発生のリスクも、、そのため、防カビ加工が施されたユニットバスへリフォームがおすすめです。
とはいえ、リフォーム後も浴室の換気を心がけ、こまめに掃除をすることが大切です。換気扇を使用する際は、浴室内を負圧にする必要があるため、浴室のドアと窓は締め切って換気扇を稼働させるのが重要です。使用後は溜まった水滴を拭き、床にはものを置かないようにしましょう。

・浴室乾燥機も設置する

梅雨時の室内干しは部屋の中に湿気が溜まり、カビや結露が発生しやすくなるほか、生乾きのにおいも気になるでしょう。湿気と雨の日の対策を兼ねて、浴室乾燥機を設置するのもおすすめです。できれば、浴室内のカビを防ぐ機能をもつ浴室暖房乾燥機の導入がよいでしょう。また浴室暖房乾燥機は冬場のヒートショックを和らげる効果もあるので一年中おすすめのアイテムになります。

・調湿機能の壁紙へ張り替える

壁紙には、空気中の湿度を自然な状態へ調整してくれる機能性壁紙と呼ばれる種類があります。部屋の湿度が適切になると不快感が減るだけでなく、結露やカビの発生も抑えられるため、住宅を長持ちさせられるメリットもあります。寝室やリビング、トイレ、玄関などさまざまな場所に採用できるので、特に湿気が気になる部屋は壁紙を張り替えるのもおすすめです。

・風通りのよい間取りを意識

湿気は風の通りが滞ると、1か所に溜まりやすくなります。湿気対策リフォームをするなら、室内の空気が循環できるよう仕切りの少ない間取りを採用しましょう。湿気がこもりやすいクローゼットには、あえて扉を設けないのもおすすめです。
また、湿気だけでなく部屋のにおいも気になる場合は、24時間稼働する換気扇を設置するのもよいかもしれません。

 

名古屋市昭和区の株式会社MLDKでは、湿気対策リフォームも承っております。

日々を快適に過ごせるよう、ぜひ一度MLDKまでご相談ください。

最新の施工