NEWS

洗面所で使用する床材の特徴、選ぶときの注意とポイント

洗面室で選ばれやすい床材の特徴、選ぶときの注意ポイントについて紹介

▷洗面所の床でありがちな悩み

●床が水で濡れる

●足元がヒンヤリする

●腐る・カビが発生する

●濡れるので滑って危ない

▷洗面室におすすめの床は?主な床材の特徴

●防水性が高い「クッションフロア」
特に洗面室で一番多く選ばれているのがクッションフロアです。

ビニール素材なので水が染みこみにくく、お手入れがかなり楽です。お手頃価格なのにバリエーションが豊富なのもクッションフロアの魅力。フローリング調・タイル調もあるので、「洗面室のインテリアにこだわりたい」という人にもおすすめです。

●「フローリング」
リビングからの続きで雰囲気を壊したくないという場合はフローリングを選ぶこともできます。
フローリングには、「無垢床」「複合床」と2タイプがありますが、洗面で使用するなら「水で濡れる」ことに配慮して特殊加工が施された複合フローリングがおすすめ。耐久性があって清潔な空間をキープできるでしょう。

ただし水の染み込みは発生するため、
「お手入れができるか?」を考え、選択するようにしましょう。

●耐久性なら「タイル」
タイルは、スタイリッシュでお洒落な雰囲気を感じられるので、玄関や居室などで使われることが多いです。

防水性があり、耐久性が高いので、傷もつきにくいのが特徴。
ただ、硬い素材なので転倒には注意が必要だったり、服を脱ぐので、裸足になった時タイルだとヒヤッとしてしまうため、寒さ対策もしておくことをおすすめします。

●足触りの良い「コルク」
コルクは耐水性があり、水分が浸透しにくい、カビが発生しにくいという特徴があります。

しかし自然素材なので、濡れたまま放置すれば、腐食にも繋がります。

また、コルクは足ざわりが優しく素足で触れても冷たさを感じにくいという良さがあります。

 

洗面所の床材選びの基準は、何にこだわり選ぶかで変わってきます。それぞれの特性を知って自分達に合ったものを選ぶようにしましょう。

MLDKは、外壁塗装や屋根、防水工事をメインに、リフォーム工事や外構工事まで、住まいに関わることならどんなことでも対応します!お家の悩みお聞かせください。

株式会社MLDKはお見積無料‼️
お気軽にご相談ください👷‍♂️

#mldk
#株式会社mldk
#名古屋市昭和区リフォーム
#名古屋市リフォーム
#名古屋リフォーム
#名古屋市昭和区
#外壁
#屋根
#外壁工事
#防水工事
#屋上防水
#リフォーム
#リフォーム工事
#外壁塗装
#春の工事
#塗装工事相談下さい
#塗装工事お任せください
#リフォームならmldkにおまかせ

最新の施工