NEWS

台風対策に効果抜群!デザインアンテナ

暑さが続いておりますが・・
夏もどんどん終わりへと近づいてきています。
秋の前にやってくるもの・・・
そう!台風です!!!!!
台風といえば・・・
大敵なのは風ですよね・・・
特にお家の上についているアンテナは風に飛ばされてしまわないか心配になってしまう方も多いかと思います💦
そこで今回は台風対策に効果抜群な「デザインアンテナ」についてご紹介していきます!


【メリット】

★天候の景況を受けにくい

デザインアンテナは平面の形をしていて、
その形状から風で飛ばされにくくなっています。

★設置場所を選べる

屋根上などの高いところに取り付けなければならない八木式アンテナに比べて、デザインアンテナは平面型をしていることから設置方法を選びません。

・ベランダに設置できる
デザインアンテナはベランダにも設置が可能です。住宅によっては屋根がついており、雨風の影響を軽減してくれます。

・壁面に設置できる

デザインアンテナは平面型であることから、住宅の壁面に設置しておくことができます。
壁面に設置しておくことが設置面が多くなり、強風に煽られにくくなります。
また、近年のデザインアンテナはカラーバリエーションに富んでいるので、外壁の色にも合わせることができます。

・屋内に設置できる

デザインアンテナは屋根裏など屋内での設置も可能です。
屋内であれば風邪の影響を受ける心配はありません。

【設置方法】

★電波強度を調べる

アンテナを設置する上で最も重要な作業です。
アンテナレベルチェッカーと呼ばれる機器を用いて測定し、中電界地域以上のところであれば、テレビ視聴に関しては問題ありません。

★設置する場所を確認する

デザインアンテナの台風対策としては、設置する場所を選ぶために風の強さをチェックする必要があります。
風速計を使用することで風の強さや流れを把握し、どこに設置するのが望ましいかを確認できます。
必ず確認はするようにしましょう

★アンテナを設置する

アンテナを固定する際には取り付け器具が必要になってきます。
金具類はホームセンターやインターネット通販で購入できます。

★ブースターを設置する
デザインアンテナを設置してみてて電波が弱いと思われたら、「ブースター」を設置します。

【ブースター取り付け方】

・コネクターを同軸ケーブルに接続
・ブースターに同軸ケーブルに取り付ける
・同軸ケーブルでブースターの電源部と分配器を繋ぐ
・電源ケーブルをコンセントに接続する


DIYでの設置も可能ではありますが、電波障害が起きたりする可能性もありますので、ご心配な方は業者の方にお問合せください!
どちらにしてもすぐにできることではありませんので、ご参考いただけた方は早めに対策の準備をしてはいかがでしょうか^^

最新の施工