施工事例

屋根・防水工事3

屋根防水工事を行いました!

  • After
  • 作業工程

通気緩衝工法」という工法で防水工事を行いました。

「通気緩衝工法」とは雨漏りなど水分を含んだ下地に最も効果的な工法です。

裏側に溝があいている通気緩衡シートを貼り付け、その上からウレタン防水材を層になるよう塗布します。

通気緩衝工法では、劣化の原因となる下地に含まれた水分をシートの溝を通り道にして、脱気装置で外部に逃がすことができます。

築年数が古い建物や、ルーフバルコニー、陸屋根と呼ばれるフラットな屋根、マンションの屋上など面積が広い箇所におすすめです。

メンテナンスは早めの方が費用も安く済みます。

 

いま雨漏りをしていなくても、ベランダやバルコニーなどは定期的に劣化症状がないかチェックしましょう。

株式会社 MLDK

〒466-0831 愛知県名古屋市昭和区花見通1-17 雨宮ビル1階

Tel: 052-848-7945

Mail: info@mldk.jp

お問い合わせはこちら

最新の施工